あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

講座の感想

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

更年期に関しての活動ができます

ウィメンズヘルスアドバイザー認定講座

更年期の症状と対策 · 10日 12月 2017
女性ホルモンは脂肪酸が増え、過酸化脂質と結びつくのを防ぐそうです。 更年期は女性ホルモンより男性ホルモンの方が多くなります。 なので、更年期以降、加齢臭がでてくるそう

更年期の症状と対策 · 09日 12月 2017
実は記憶を司る、海馬(かいば)で、実は性ホルモン(男性ホルモン・女性ホルモン)が つくられて いるのではないかと、言われています。 それは、血中の性ホルモンとも連動しているので、閉経して女性ホルモンが卵巣で作られなく なると、海馬での女性ホルモンも作られなくなるので、記憶力がていかする、という説があります。

更年期の症状と対策 · 06日 12月 2017
更年期の不安は、放っておいたら、沼にはまるようなもの・・ 不安の沼に、自分から飛び込まないこと 沼に入った時のために、這い上がる手立てを考えておくこと 自分ひとりで悩まない どうしようもなかったら、医療の手を借りる(私の手も借りてね)

更年期の症状と対策 · 06日 12月 2017
更年期世代では、若い時と違って、いろいろな要因が複雑に絡んでいます。 そんな女性のための冷え症対策を書きますた。

更年期の症状と対策 · 06日 12月 2017
また、Eテレでも「団塊スタイル」で「あきらめない! 冷え症カギは交感神経▽冷え症対策のウソホント▽有効な運動を紹介」という番組をしていました。 先生は、北里東洋医学総合研究所の伊藤 剛先生。日本で初の「冷え症外来」を行っているそうです。 冷え性外来って、今まで、ありそうでなかった外来ですね。 こんなお話でした。

更年期の症状と対策 · 05日 12月 2017
「声の低音化、声が出にくい」は、 女性ホルモンの加齢性欠乏とそれによる喉頭の加齢性生理的変化が考えられる・・・ この症状に関しては、HRTは効果なく不可逆的変化(もとには戻らない)そうです。 早めに(低音化する前に)HRTを行うことが必要かもしれません。

更年期の症状と対策 · 04日 12月 2017
以前、更年期世代の座談会をした時に どうやら、冬になると気分の落ち込む人が多い!ことがわかりました。 「なんか、うつっぽくなるのよね~」 に、「私も」「そういえば、私も・・」と声があがりました。 実は、私も昨年は早くから雪が降り、路面もツルツルで怖くてあるけない・・ 外に出ない・・なんていう日が続くので、 振り返ると、うつ気味でした。...

更年期の症状と対策 · 02日 12月 2017
睡眠時無呼吸症候群は 夜間睡眠中に無呼吸をくり返し、その結果、日中の眠気など種々の症状を呈する疾患 発症率は、男2~3に対して女1 50歳以上の閉経後女性において、増加し、高齢層になると男女差は変わらないそうです。  睡眠時無呼吸は放っておくと、高血圧、糖尿病、心臓病、脳卒中の生活習慣病の発生や悪化を招きます。 認知症にもなるリスクが高いようです。 HRT(ホルモン補充療法)により、睡眠時無呼吸症候群の発症リスクが 1/4に改善する・・ということは、女性ホルモンの低下が関係しているということ。 生活習慣の改善も必要です。自己チェック表もあるので、やってみてください。

更年期の健康増進 · 02日 12月 2017
冷え症の人は、転倒するリスクが、冷え性ではない人の1.6倍増えるのですって!! 足の裏の、メカノレセプターが、冷えて働かなくなるそうです。 メカノレセプターとは「感覚受容器」のこと、転倒予防のためには、今から、ここを鍛える!

男性更年期 · 01日 12月 2017
加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)とは LOH症候群(男性更年期)の定義は「加齢に伴う生化学的な症候群であり、血中男性ホルモンレベルの低下が特徴である。 QOLに明らかな変化をきたすことがあり、多臓器系に影響を及ぼす」とされています。 ここでは、LOH症候群の治療について書きました。

さらに表示する