あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

ハイジアHPをスマホからもチェック!

男性の更年期症状

男性と女性の主な更年期症状を挙げます。実際にはもっと沢山の症状があります。

 

男性

 精神心理症状  神経質・疲労・不眠・興奮状態・抑うつ状態・頭痛・記憶力集中力減退

 自律神経失調症様症状  のぼせ(ほてり)・頻脈・心悸亢進・めまい・ふらつき・耳鳴り

 消化器症状   便秘・食思不振

 泌尿器科症状  性欲減退・勃起障害

 

女性

 精神心理症状  神経質・興奮状態・疲労・抑うつ状態・記憶力集中力減退・不眠・頭痛

 自律神経失調症様症状  冷え性・のぼせ(ほてり)・めまい・ふらつき・頻脈・心悸亢進・耳鳴り

 消化器症状   便秘・食思不振

 婦人科症状   月経異常・無月経

 

 女性と頻度は違いますがほとんど症状は同じです。しかし、男性の場合40歳~50代の比較的若い人はスト

 

レス性の心身症状(神経質・疲労・不眠・興奮状態・抑うつ状態・頭痛・記憶力集中力減退)が前面に出るこ

 

とが多く、60歳代以上ではアンドロゲン減退症状(性欲減退・勃起障害)が前面に出てくる場合が、多いそう

 

です。

 

 40歳代~50歳代は男性も女性も、働き盛りでストレスも多く、うつ病にもなりやすい年代です。

 

更年期症状の抑うつ状態との鑑別が難しく、男性が更年期障害を疑って泌尿器科の外来を受診した時には、半

 

数の人が、うつ病の薬を与薬されていたそうです。

 

うつ病の治療で、薬をのんでいると、効果がないと、薬の種類や量が増えてしまいます。

 

しかし、「これは更年期障害かも・・」となった時に、薬をやめて行くのには時間がかかります。

 

女性の場合もですが、男性も、もしうつの症状があって更年期の症状が他にも複数あるようなら、まずは、更

 

年期障害を疑って受診をしたほうが良いようです。

 

たとえばホルモン補充療法をして、症状が良くならなければ、精神科・心療内科を受診するほうが、治りやす

 

いようです。

 

 ホルモン補充療法は、途中でやめても、影響はでません。

 

ただし、自殺願望が強ければ、迷わず精神科を受診しましよう。

 

「どうしたんだろう?」と気が付くのは、家族、とくに妻でしょうし、逆ならば夫でしょう。

 

更年期に関する知識があれば、早期にわかるし早期に対処ができます。

 

お互いに、相手の健康に関心を持っていたいものです。

 

 ちなみに男性の更年期障害の場合は、泌尿器科を受診します。

 

男性の更年期障害を診察する病院は、まだ、少ないようですし予約制の所が多いので、問い合わせをするか、

 

ネットで調べてから受診するのが良いでしょう。