あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

講座の感想

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

更年期に関しての活動ができます

ウィメンズヘルスアドバイザー認定講座

メノポーズカウンセラーとは

 

 

メノポーズカウンセラーはNPO法人更年期と加齢のヘルスケア学会

 

(詳しくはこちら )の認定資格です。

 

学会では、以下のように規定されています。

 

メノポーズカウンセラーの必要性

 

更年期障害の治療のみならず、更年期から生涯にかけてのヘルスケアとなる

 

と、その様な概念のほとんどないわが国では、医療の現場ではほとんど実行さ

 

れていません。

 

更年期の医療は急性疾患、悪性腫瘍のように直ちに処置しなければならない

 

ものもありますが、予防医学的な内容も大きな比重を占めています。骨粗しょう

 

症、心臓血管系疾患、代謝性疾患、物忘れなどに対し、50歳代からの適切な

 

ヘルスケアが60歳、70歳以降のQOL(生活の質)に大きな影響と与えることが

 

わかっています。

 

更年期障害に対しては単に薬物投与だけが治療ではなく、原因に即した生活

 

習慣への配慮の重要性を理解してもらい、個人個人にあった食事や運動の具

 

体的な方法を一緒に考えるなど、メノポーズカウンセラーに期待されていること

 

は多くあります。

 

4060歳代のわが国の女性医療は臓器別医療が中心といえます。しかし、更

 

年期はからだ全体を各々の症状を考えることが必要であり、老年期への対策

 

をたてる適切な時期であることを国民に知ってもらうことは非常に重要です。こ

 

の概念の普及にもメノポーズカウンセラーは貢献すると思います。 

 



メノポーズカウンセラーが期待されていることとして

 

1)更年期全般について、

 

2)とくに更年期障害についての成因、対応などについて、

 

3)更年期から生涯にかけてのヘルスケアについて、

 

4)医療制度について、

 

5)医療施設(医師)についての情報提供、

 

6)健康法、サプリメントなどについての正確な情報提供などがあげられていま

す。

 

 

看護師、薬剤師、栄養士、医師などのほか、この領域に関連のあるすべての

 

人(美容師、エステティシャン、スポーツクラブ関係、マッサージ、臨床心理、

 

ジャーナリズムなど)が、学歴、医療資格とは関係なく、NPO会員でかつ本学会

 

の行事に(学術集会、研修会など)参加し、試験に合格すれば得られます。




 

 この学会は医学系の学会ですが、医師だけではなく、あらゆる職種に門戸が

 

開かれています。

 

 更年期に関する医療には、様々な人が理解をし関わる必要性があります。

 

 

私は、その主旨に賛成し、2012年、試験を受けて合格しメノポーズカウンセ

 

ラーの資格を取得することができました。

 

ハイジアの活動の根源となっている学会であり、資格です。