あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

ハイジアHPをスマホからもチェック!

更年期とめまい ③

 

 

更年期の症状の一つにめまいがあります。

 

私の周りでは、めまいがして変だなぁと、思ったら血圧が高かった・・という人が意外とと多いです。

めまいが、起きたときは、まずは血圧を測ってみるといいでしょう。

 

しかし、めまいは、実にいろいろな原因でおきます。

 

更年期のめまいは高血圧やのぼせなどの自律神経失調症状のひとつとして考えられる場合

うつ病やパニック障害などの精神神経疾患からくるもの

脳梗塞や椎骨動脈循環不全によるもの

メニエール病の症状との鑑別などが必要です。

 

 

 

更年期障害を訴えて耳鼻咽喉科を受診しためまいについて見たところ

良性発作性頭位めまい症が、56.2%

メニエール病が17.8%  だったという報告があるそうです。

 

良性発作性頭位めまい症は、更年期と関連している・・という報告は多く見られるようです。

 

良性発作性頭位めまい症は、めまいを引き起こす代表的な耳の病気です。

頭を特定の位置に動かしたときに、発作的に強い回転性のめまいが起こります。

めまいは長く続くことはなく、数秒から2~3分程度で治まりますが、めまい発作を何度も繰り返すのが特徴です。

原因は、耳石器(じせきき)からはがれ落ちて三半規管(さんはんきかん)の中にたまった耳石(じせき)(カルシウムの小さな粒)です。

この耳石が頭の位置を変えたときに動くと、三半規管を満たしている内リンパ液が動き、クプラという神経の一部がその動きを感じ取ってめまいが引き起こされます。

めまいのほかに、吐き気やおう吐を伴うこともあります。
 耳石器から耳石がはがれ落ちる原因には、スポーツなどで頭を打ったりする衝撃のほか、骨粗しょう症のように、カルシウムの代謝障害が関係している可能性があります。

良性発作性頭位めまい症は、骨粗しょう症と同様に、中高年の女性に多い病気です。

(きょうの健康より)

 

女性ホルモンの一つエストロゲンが低下すると、骨・カルシウム代謝障害が起こり骨粗鬆症

を起こすことはよく知られていることで、将来骨折→寝たきりとなる原因として、私のブログの

なかで取り上げたり、私の講座の中でも必ず話すことのひとつです。

 

ただ、このように、骨粗鬆症が、良性発作性頭位めまい症を引き起こすことを、今回調べてみ

て知りました。

 

骨粗鬆症が、めまいとも関係していたなんて・・・びっくりです。

 

逆に言えば、更年期障害や骨粗鬆症の治療が良性発作性頭位めまい症の発症や再発を予防する可能性が

ある・・

つまり、更年期世代に見られる約半数のめまい症状は、予防できるかもしれないですね。

 

本当に、骨量の低下をいかに防ぐか・・は、更年期以降の女性の健康やQOLを維持する上で、

大きな課題です。

 

 更年期とめまい ②

 更年期とめまい ①