あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

ハイジアHPをスマホからもチェック!

いつ始める?HRT(ホルモン補充療法)

 

 

HRT(ホルモン補充療法)はいつから始める?

 

なかなか、答えが見つからないのです~~

 

明確に書かれた資料を見つけることができませんでした。

 

ガイドラインにも書いていません。

よくよく考えたら、更年期障害の定義も・・あいまい (用語集「更年期障害」を参照)

更年期障害は、診断名ですが、

他の病気を診断するときのような診断基準が明確ではないのです。

 

病気を診断するときは、検査値や定型的な症状や、

画像診断・所見などの客観的な指標が用いられるのですが、

「更年期障害」には、明確な診断基準がありません。

 

そもそも更年期の症状自体が不定愁訴といわれる自覚症状を主とした主観的なものなので、仕方がない面でもあります。

 

HRTを開始する基準も、「ホルモン補充療法ガイドライン」にも載っていませんでした。

ですから、「閉経しないとHRTはしない」という医師や、

「ホルモン値が低くはないので治療は必要ない」と、

自覚症状があって、辛い・・といっても治療が始まらないことも、あります。

一方で、すぐ薬をもらって3週間後再度受診と言われた・・という方もいます。

 

 

「更年期かと思って受診したけど、HRTはしないと言われたの・・どうしたらいい?」

と相談者から聞くこともあります。

HRTを開始する基準って、どうなっているのかな~と疑問でした。

 

HRTの恩恵をもっとも得られるのは、閉経後1年くらいと言われています。

女性ホルモンの減少による変化をきたす前に始めるのがベストという訳です。

 

閉経後ではないとHRTを受けることができないの?

でも、そのように書いている文献はなし・・

 

 

私が調べた中で、唯一記載があったのは、小山嵩夫先生の著書「もっと知りたい『女性ホルモン』」でした。
「閉経したかどうかがはっきりしない月経不順の段階でも、更年期症状が強かったり、血液検査でFSH(卵胞刺激ホルモン)の明らかな上昇とエストロゲンの低下、骨密度の低下が確認されれば、まずエストロゲンだけを補充して様子を見ることができます」

 

正直、医師によって、始める時期は微妙に違うような気がします。

でも、たとえばホルモン値が下がっていないから・・といわれても

下がるときは、急激に下がります。

半年くらいで・・です!

 

もし、HRTを受けたいな~と思うのであれば、

婦人科に通院して、始めるタイミングを先生と相談しましょう。

更年期障害の辛さ、日常生活に支障がきている状況は

自分しかわからないし、それを先生にしっかりと伝えることも大事ですね。

 

 

2017年には、ホルモン補充療法ガイドラインが改訂されます。

どのように書かれるかな?