あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

講座の感想

???セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

今年の1月から、平成33年12月31日まで、市販の薬を買った時は、領収書を残しておいたほうがいいらしい。1年で12,000円以上購入したときは、所得税の控除があるようです。

 

以下

厚生労働省のHPのQ&Aから (赤字に変換は著者)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

 

【セルフメディケーション税制について】

Q1 セルフメディケーション税制とはどんな制度ですか。

適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維 持増進および疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成 29 年 1 月 1 日~平成 33 年 12 月 31 日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶 者その他の親族に係る特定成分を含んだ OTC 医薬品(いわゆるスイッチ OTC 医 薬品)の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払った対価額の合 計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(上限:8万8千円) について、その年分の総所得金額等から控除する新税制です。

Q2 創設の目的はなんですか。

国民のセルフメディケーションの推進を目的としています。セルフメディケ ーションは WHO において「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は 自分で手当すること」と定義されています。セルフメディケーションを推進し ていくことは、国民の自発的な健康管理や疾病予防の取組を促進する ことはも ちろん、医療費の適正化にもつながります。

Q3 従来の医療費控除との関係はどのようになっていますか。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)による所得控除と、従来 の医療費控除を同時に利用することはできません。購入した対象医薬品の代金 に係る医療費控除制度については、従来の医療費控除制度とセルフメディケー ション税制のどちらの適用とするか、対象者ご自身で選択する ことになります。

 

 

私の考えたこと

①年間12,000円以上の、対象市販品を購入するだろうか?

対象の薬品は風邪薬や鎮痛剤、湿布剤、軟膏などのようですが、これらの薬を12,000円以上購入する状況の方が問題!これを「健康の維 増進および疾病の予防への取組み」と言えるのかしら?

②市販薬に頼って、病院の受診が遅くなり、重症化を招かないのか?

「適切な健康管理の下」の管理は、自分ですることですね。WHOの「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は 自分で手当すること」「国民の自発的な健康管理や疾病予防の取組を促進する 」を謳っているけれど、それだけの健康に関する教育がされてきているのかしら?にもかかわらず自己責任ということですね。

④1500品目あるようですが、覚えられません・・ね。

薬局の薬剤師さんの力を借りることが必要ですね。

⑤不調の時に市販品を内服し病院に行かないことが、健康増進・疾病予防ではありません・・・

本当の健康増進・疾病予防は、生活習慣を整えることです。バランスの良い食事をするのに、良い食材を買うのにお金を使う、運動をするためにお金を使う(使わない方法もありますが)、良質な睡眠をとるのに身体にあった寝具を買う・・ストレス発散にお金を使う、などですよね。

 

本当に控除してほしいのは、医療費を使わなかった人、市販の薬品を買うことなく健康管理ができている人ですね。健康増進や疾病予防のためにサプリメントにお金を使っている人こそ控除してほしい・・

(私、サプリメント2種類ですが、年間78,000円くらい使ってますよ)

【健康診査等の証明について】

Q7 「健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組」の「一定の 取組」とはなんですか。 申請者が申告対象の1年間(1~12月)に、「租税特別措置法施行令第 26 条の 27 の2第1項の規定に基づき厚生労働省大臣が定める健康の保持増進及び 疾病の予防への取組(平成 28 年厚生労働省告示第 181 号)」に規定する健診や 予防接種等(※)を受けること です。 (※)具体的には、以下のものが該当します。 ・ 保険者(健康保険組合、市町村国保等)が実施する健康診査(人間ドック、各種 健(検)診等) ・ 市町村が健康増進事業として行う健康診査(生活保護受給者等を対象とする健康 診査) ・ 予防接種(定期接種又はインフルエンザワクチンの予防接種) ・ 勤務先で実施する定期健康診断(事業主健診) ・ 特定健康診査(いわゆるメタボ健診)又は特定保健指導 ・ 市町村が実施するがん検診 ※ 市町村が自治体の予算で住民サービスとして実施する健康診査は対象になりま せん。 なお、これらのうちのいずれか1つを受けていればよいため、全てを受ける 必要はございません。取組を実施したことの証明書類については、HP の「4 健 康の保持増進及び疾病の予防への取組(一定の取組)の証明方法について」を ご覧ください。

 

私の考えたこと

①健康診査やがん検診、予防接種に支払った金額も控除の対象になるのは、いいことですね。

でも、自主的に受けた全額自己負担の健康診査は対象にならない・・・、検査項目が限られる・・ということですか~

②全てを受ける必要はありません・・て・・、いや全てきちんと受けている人が優遇されるべきでしょう。

③なんか、違うなぁ

 

以上、私の私見です。

いずれにしても、控除云々より、自分の身は自分で守りましょう!病気にならないのが一番、防げれるものは防ぎましょうね!

ウィメンズヘルスアドバイザーは、今こそ必要な存在ですね。