あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

講座の感想

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

更年期に関しての活動ができます

ウィメンズヘルスアドバイザー認定講座

幸年期世代の心と体に効く太極拳

友人に誘われて、始めた太極拳ですが、

その効能を調べてみると、いろいろな効能があります。

 

そしてそれは、幸年期世代にとって、嬉しい効能でした。

 

実際に太極拳を体験して実感できることもあり、ここでは、太極拳の効能をご紹介します。

1.身体が柔軟になり、怪我の防止ができる

1)身体が柔軟になり、怪我の防止ができる

 

2)身体の筋肉の各所が伸び、体全体の柔軟性が向上する

 

3)身体の筋肉・骨格・関節の動きが柔らかくなり、強くする

 

4)神経系統を鍛錬して感覚器官の動きを高める

 

5)大脳の鎮静した抑制状態におくためイライラやストレスが感じにくくなる

 

 

 

太極拳は、全身を動かします。

 

手や足をぐ~と伸ばしたり、ストレッチ効果が得られるのですね。

 

関節も曲げたり伸ばしたり、ねじりがあったりします。

 

無理せず自分の出来る範囲で行えばいいので、

関節や筋肉に過度の負荷がかかることもありませんね。

 

意識的に呼吸も合わせるので、自律神経のバランスも整います。

 

更年期世代には、向いている運動です。

 

教室に通っている先輩方も、

「何年も通っているから転んだことがない、

お友達は転んで骨折したりするけど、転んだことないね~、

転びそうになっても戻せるものね~」と話していました。

 

年齢を重ねていくと、どうしても筋肉が減るのですが、

太極拳を続けてきた先輩たちは筋肉も落ちていないのだと思います。

 

 

 

2.血流が良くなり、内臓の機能が向上する

(1)効果的なストレッチになるので、経絡の流れがスムースになる

 

(2)このストレッチは、健康維持・ダイエットまたは美しいプロポーション作りのエクササイズに

   なる

 

 

 

確かに、クラスが終わると汗をかき

体はホカホカしてきます。

 

前後に血圧と脈拍を測ります。

私は、必ず血圧が下がり、脈拍も下がります。

 

体の先の細かい血管が、拡張して

血液が、すみずみまで行き渡る感じです。

 

と、いうことは必要な栄養分や酸素が

細胞のひとつひとつに行き渡り

これが、細胞の活性化、代謝が良くなることにつながります。

 

長く通っている先輩達

確かに、年齢の割には太っていません。

元気に毎回通っている!!

 

 

 

 

3.新陳代謝が活性化し、太りにくい身体になる

1)新陳代謝が向上し、内臓脂肪が減少し、内臓の機能向上につながる

 

2)呼吸機能を増強し、肺活量も増大させることができ、筋肉が循環ポンプの働きを活性化し

 体への血流が良くなる

 

3)心臓・血管・リンパ腺系統をサポートし、女性の冷え性などに効果的

 

太極拳は呼吸に合わせて、体を動かすので、肺活量は増えるというのは、続けていると実感できると思います。

 

更年期世代になると、肩が内側に入りやすく

それに伴って、肺の容積も狭くなり

肺活量は、減少しやすくなります。

 

太極拳の効能(2)でも書いたように

肺活量が増えて、取り込むことのできる酸素が増えれば

細胞のひとつひとつに酸素がいきます。

 

細胞の中のミトコンドリアでは

酸素とブドウ糖を使ってエネルギーを産生しますので、

 

酸素が十分あるとこの代謝を向上させてくれますね。

 

筋肉を動かすにも

この代謝が必要!

 

代謝をすると、熱も産生されるのですね!

だから、冷え性にも効果的というわけ・・

 

クラスの先生は

「みんな、週に一度体を動かしているから、年齢の割には

体が柔らかいのよ~」

 

確かに、私の方が、多少若いのに

体は、一番硬いかも~~

 

 

4.体内バランスを理想的な状態に保つ

1)消化の働きと体内の新陳代謝を促進する

 

2)陰陽、虚実、開合などの中国の伝統の対立動作により、心と全身の緊張そして 

  弛緩制御を高めていけるので、交感神経と副交感神経を刺激しつつ律神経の動き

  を調整することができます。

 

 

「陰陽、虚実、開合などの中国の伝統の対立動作」のは

詳しくは、わかりませんが、

自律神経の働きを調整する・・ということは

実感ができます。

 

前後で、血圧と脈拍を測ると

後の方が、血圧も脈拍もさがっています。

 

これは、戦闘モードの交感神経より

お休みモードの副交感神経が優位になっていることを意味します。

 

汗はかいているのに、血圧も脈拍もさがっているのは

不思議です。

 

これは、他の運動とちがって

勝負とか成績とか記録とかなどとは、関係のない運動だからかもしれません。

 

ゆっくり自分の呼吸にあわせて

動くだけですからね。

 

自分の内面と向き合う(まだ、そんな域には達していませんが・・)

からなのかもしれません。

 

幸年期世代は、急にイライラしたりホットフラッシュが現れたりしますので

自律神経のバランスをうまく取るということは

とても大事なことです。

 

 

5.肩こり・腰痛などに効果抜群

1)太極拳のゆったりとした動作は、ストレッチ効果や体をリラックスさせる効果が非常に高く、血行促進に繋がります。

 

 

 

 

実際に太極拳を行ってみると

腕を上げる角度、

腕の位置、

重心の取り方、

つま先を下げる、

足の向き・・・

細部まで神経を使わなくてはいけません。

 

 

そして、ゆったりした動作というのが、結構難しいのです。

 

同じスピードでっていうのが難しいのです。

 

自分の中のスピードでできる人はいいのですが、

私みたいな・・初心者は

周りの人のスピードに左右されてしまう・・のです。

 

更年期症状の中で1位は、肩こりです。

 

肩こりは、太極拳をしてから良くなりました。

太極拳では肩関節回す動き多いのですね。

ストレッチ効果が抜群です。

 

また、身体は、心地よい疲労感があり、家に帰ると、眠気に襲われます。

ぐっすり眠れることも幸年期世代にはうれしいですね。

 

幸年期になると眠れなくと感じる人も、とても多いです。

6.デトックス効果で体内から若返る

1)ゆったりとした動作、またそれによる血行・新陳代謝の促進、ストレッチ効果による柔軟性の向上など、外見からではなく、体内から毒素を搾り出し、そして排出する効果が大いに期待できる

 

 

正直、デトックス効果というのは、今までに実感はしていません。

 

血行・新陳代謝の促進、ストレッチ効果は感じますが、

毒素を絞り出し、排出する効果を感じるまでにはいきません。

 

この効果を実感するのは、もう少し続ける必要があるのかもしれません。