あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

講座の感想

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

更年期に関しての活動ができます

ウィメンズヘルスアドバイザー認定講座

 私の手はな~ぜ、痛いのか。しびれるのか

 

先日、札幌市産婦人科医会講演会に参加してきました。

 

 

テーマは、

「女性疾患としての手の痛み 私の手はな~ぜ、痛いのか。しびれるのか」

     講師:四谷メディカルキューブ 手の外科・マイクロサージャリーセンター

        センター長  平瀬 雄一 先生

 

 

講演は、「私」の問いに答える形で進みます。

 

変形性疾患のことで整形外科を受診するのは、90%が女性

その女性の90%が更年期の女性だそうです。

 

更年期の症状ありましたか?の問いに

ほとんどの人が、私には更年期はありませんでした・・と答えるのだそうです。

 

でも、それ、更年期の症状だから!

手の痛みや関節痛を更年期症状とは知らず、ホットフラッシュはないから更年期ではないと

思っているのだそうです。

 

 

他にも症状があれば、婦人科を受診したのかもしれませんが

ないからこそ、更年期の治療や対処を受けずにいてしまうのだそうです。

 

 

そう、

「私の手はなぜ、痛いのか。しびれるのか」の答えは

ズバリ、エストロゲンが減少しているから、あるいは不安定だから

 

しかし、現実は整形外科を受診しても

「使いすぎ」「歳のせい」「治らない」と言われてしまうそうです。

 

使いすぎならば、利き手に起きるのに、利き手ではないのに痛いのはなぜか?

歳のせいというけれど、80歳過ぎから指が曲がる人はいない

 

腱鞘炎などは、授乳期や更年期のエストロゲンが減少しているときが多い

 

そこで、エストロゲンの減少が原因ではと考え、ホルモン補充療法をしてみるとよくなることを

経験してきたそうです。

 

 

 

「使いすぎ」「歳のせい」「治らない」

と、言ってしまうことは

「その不用意な発言が患者に思考停止をさせ、新たな関節変形の発症に加担している」と

平瀬先生は言っていました。

 

 

それから

 

「どうして私が手の病気に罹ってしまうのか」

 

私が病気になるのは

「エクオールを産生できないから」

 

 

患者さんの95%が、エクオールを産生する腸内細菌を持っていないそうです。

日本人は、50%と言われていますから、95%ってすごいですね。

 

 

ホルモン補充療法に躊躇する人も多いので、エクオールのサプリメントを飲んだ貰ったら

変形が進んでしまう前なら、効果があるそうです。

 

 

以前にブログで、指の変形のことを書きました。

 

   「女性ホルモンが関節症状に効果がある」

 

読んでくださった方たちから

おかあさんがそうだった・・人前に手を出せなくなった。

などの話を多く聞きました。

 

指の変形は、女性に与える影響が大きいのですね。

 

ですから、強張りや痛みが出てきたら、エクオールを飲んでみることは

それ以降のQOLを低下させることを予防してくれます。

 

とても、いい話を聞かせてもらいました。

 

指が痛い、曲がってきたことが、更年期の症状と思う人はいないでしょう。

 

ハイジアでは、このことも、きちんと情報提供して行こうと思います。