あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

講座の感想

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

更年期に関しての活動ができます

ウィメンズヘルスアドバイザー認定講座

 · 

更年期の冷え性対策

前回の続きです

 

では、冷え症対策を書きたいと思います。

 

1.まずは、熱の素、栄養不足が考えられる場合

 タンパク質・ビタミン・ミネラル・鉄など不足していませんか?

 熱を産生するしくみ、ミトコンドリアに栄養と酵素となるビタミン、酸素が供給されることが大切

 食生活や呼吸が浅くなっていないか、見直しましょう。

 食事を制限するダイエットは、ますます冷え性をひどくしますよ。

 

2.筋肉量が減っている

 熱をつくる場所、筋肉が減っていませんか?

 筋肉は加齢とともに使っていないと減少していきます。

 筋肉を維持するには、タンパク質と運動が必要

  

 前回の記事には有効な運動、ウォーキングのしかた紹介しています。

 運動を伴わないダイエットは、危険

 体重が減って見えても、それは、筋肉が落ちているだけ・・

 熱をつくる場所を失うことになります。

 

3.ストレスの解消を心がける

  ストレスが多いと

 交感神経が優位になって、いつも末梢血管が収縮している状態になり

 手先に、血液がいかなくなってしまい冷たくなります。

 

 放っておくと、末梢血管が手先、足先の隅々に行く前にUターンして、

 その先が、幽霊のように消えてしまうのですよ~~

 そうなったら、絶対血液がすみずみまで行かなくなる、熱が伝わらないことに!

 

 生きている以上、生活をしている以上、避けられないストレスもあります。

 

 うまく発散する術をみつけてくださいね。

 

4.病気のこともあします。

 そもそも、全身に血液をおくるポンプ(心臓)が弱っている

 血液が少ない、酸素を運ぶヘモグロビンが少ない  

 血液を運ぶ血管が細くなる動脈硬化や糖尿病 など

 健康診断は定期的に受診しましょう。

 

5.体を締め付けている衣服をきていませんか?

 下着や、締め付けるようなデザインは避ける

 外側から締め付けて、血液の流れを遮断しないように・・

 

6.環境

 体を冷やす環境を避けましょう

 温かい服装にしましょう・・首・手首・足首を温める

 体を締め付けるような下着・服を避けましょう。

 

 

  

冷えに関しては、多くの情報があります。

自分にあった方法を選んでくださいね。

 

この記事は、今後も加筆致します。