あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

講座の感想

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

更年期に関しての活動ができます

ウィメンズヘルスアドバイザー認定講座

 · 

更年期障害・更年期症状と対策:ドライマウスの対処法

 

 

 

前回は、ドライマウスとは、ドライマウスチェック表でした。

もし、ドライマウスかな・・と思ったら、

以下のように唾液を促す方法を試してみてください。

 

試してもあまり状態が変わらなければ、

病院を受診したほうがよいかもしれません。

内科 あるいは 歯科ですね。

 

1.水分補給やうがいを行う。
   *うがいのときはアルコールの入らない保湿成分の入った洗口液を使用するとよいでしょう

     カルシウムやキシリトールが入っていると、なお良いようです。


2.食事のときも今まで以上に良く噛む(1口30回)、柔らかいものばかりではなく硬い食べ物を、よく噛ん

  で食べること

 

3.ガム(シュガーレスのガムが良い)を噛む

 

4.よく笑う。

  表情筋が動き、唾液の分泌を促す(免疫力もUPしますよ)



5.舌の運動 や顔の表情筋の運動こちら をする(しわをなくし、表情豊かになり

  老け顔の予防にもなる

 

6.大豆食品を毎日食べる (1日納豆1パックを目安に)

   ただし、エクオールを作る腸内細菌のない人は、エクオールのサプリメントを摂る

 

  *腸内細菌があるかどうかは、こちらのキットで調べることができます。

   ソイチェック

 

7.抗酸化物質の1つ、ポリフェノールを含んだ食品(ワイン・ぶどう・落花生)を摂る


8.保湿剤を使用する(歯科に行くと紹介してくれる)


9.もともと女性ホルモンが少なくなって起きる症状なので、女性ホルモンを補う治療をする。

  *産婦人科を受診して相談してみてください。

   他の更年期症状があれば、その症状の緩和にも効きます。

   

 

    

10.写真のような部位、顎の付け根、舌の付け根があるところを、親指で押す。

 

  即効性がありますので、会議なので水分を取れないときにいいですよ!

 

11. 漢方薬を飲んでみる

 

   麦門冬湯、白虎加人参湯、柴苓湯などがいいようですが、自分の証にあった漢方薬が

   いいので、薬剤師に相談してみてくださいね。

 

12.ストレスなどで交感神経が優位になったままだと、やはり唾液の分泌は抑えられるので、

  ストレスの発散や生活習慣を見直して、整えることもしましょう。