あれ?更年期?更年期チェック表でチェックしてみましょう メルマガ配信中 更年期をHappyに! お問い合わせ/ご依頼

講座の感想

アメブロ

更年期を幸年期にしようよ!配信中

更年期に関しての活動ができます

ウィメンズヘルスアドバイザー認定講座

 · 

糖質オフの話を聞いてきました ②

前回の続きです。

 

糖質オフは、次のように分類されるようです。
①スーパー糖質制限食・・・1日あたり糖質 30g~60g
②ロカボ(ゆるやかな糖質オフ)・・・1日あたり糖質 130g以下
③その他の糖質オフ
  糖質ゼロ食・・・1日5g以下  食事は1日に1回
  断糖食・・・・・・スーパーに準ずる  麦芽とホップのビールは飲んで
  も良い (なんと!!、実は推奨している先生がビール好き)
  MEC食・・・・・ スーパーに準ずる  肉・卵・チーズを一口30回噛む
  
  参考・・・ご飯1膳分(150g)の糖質は55g 
糖質オフの話は良く聞いていましたが、ごちゃごちゃになっていたかも・・
頭の中が整理されました。
そこで、ロカボについて
糖質のみをゆるやかに制限、脂質・タンパク質は制限なし
1日あたり、130g以下に糖質を控える。
  (ごはんやパスタ、パン以外に根菜も糖質が入っているのでオフ)
ロカボにすることで
体重の減量、血中脂質の改善、血糖値の改善、血圧改善・・
すべて、更年期以降に訪れやすい体の変化の改善にいいのですね!
糖質オフだけ(完全オフ)にすると
タンパク質不足のため筋肉量が低下しやすいそうです。
炭水化物の食品には、タンパク質も含まれています。
 
更年期以降、筋肉も落ちていきますので、糖質オフだけにすると危険
皮膚・髪・爪・血管・骨がもろくなる・・こともあるようです。
これも、更年期以降、避けたいところ
美容面でもダメージがありますね。
タンパク質を食べたがらない、女性多いです。
タンパク質=お肉→太る  の構図

 

タンパク質は、体のあらゆる組織の原料です。

食べ過ぎはよくないけれど、控えることも危険 

 

高齢になるほど、タンパク質は摂ったほうが良い

 

お肉やタンパク質となると、コレステロールが上がる?

 

私もブログに取り上げたり、講座の時にお話しますが

 

すでに、食事摂取基準ではコレステロールの上限は撤廃されています。

食事と血中のコレステロール値は関係しません。

 

ロカボは、脂質の制限もありません

でも、油は摂らない方がいい?

 

これも、よくお話しますが

良質な油を摂りましょうですね。

 

このあたりは、

ウィメンズヘルスアドバイザービギナーの「健康と食事」の

講義の中で、詳しくお話をしてくれます。

 

ロカボは単純に炭水化物や糖分を控えるのではなく

その分のカロリー摂取のために

タンパク質と脂質は増やすこと!

 

「健康と食事」を担当してくれている中居 香織先生は、

食物繊維の量が少なくなってしまう可能性が・・

 

その辺をちょっと意識して、行いましょう。

 

自分の体調とよく相談しながらね。

 

 

更年期は、このように食生活を見直すのが大切

 

このあとの健康のためにギアチェンジが必要なの